shioliteracy’s blog in 長岡造形大学

長岡造形大学で学んだ情報リテラシーについて

12)ラジオ離れと音声認識技術

 おはようございます!

 

 今回の情報リテラシー論はラジオと音声認識技術の話でした。

 音声認識といえば、最近はAIスピーカーがすごいですね。スマートフォンの次を担うデバイスだと注目されています。 

 現在は主に5社から発売されていて、自分に合ったものを選ぶことができるので、これからユーザーがどんどん増えて行くんでしょうか。

 

 防災ラジオ

 

 災害時、携帯は混線状態が続きます。停電すればテレビも見えません。パソコンも充電が切れたら使えません。

 つまり、外部からの情報が絶えてしまうのです。

 そこで防災ラジオは役立ちます。乾電池があれば使えますし、1人だけでなくみんなで聞けます。いざという時の情報源の確保はとても大事です。

 若者のラジオ離れは加速していますが、いざという時とても役立つのです。

 

 最近のニュースでソフトバンクの携帯が繋がらないという事故がありましたが、私もソフトバンクユーザーなのでとても焦りました。

 いきなりネットに繋がらなくなり、何が起こっているのか調べたいけどそれもできない。今までいかに自分が携帯に頼り切っていたか痛感しました。

 また、携帯以外の外部からの情報源の必要性を強く感じました。

 そこでラジオというのは、実はとても便利なツールなのかもしれません。 

 

 音声認識技術の発達

 

 近年、技術が発達して、音声を人工知能AIが自動で文字起こししてくれるようになりました。しかもアプリもいらず、OSでです。指で打たなくても文字を起こすことができるなんて便利ですよね。

 「OK Google」なんかはCMでよく見ますが、検索機能としてだけではなく、ただ話を聞いてもらう相手として利用する人もいるそうです。音声認識技術との付き合い方もこれからどんどん選択肢が増えていきそうです。

 

 今回は以上です。

 では!

 

 

 

11)苦戦する紙媒体と電子書籍

 おはようございます!

 

 今回の情報リテラシー論は電子書籍の話でした。 

 電子書籍なら私はよくスマホで漫画を読みます。暇な時に手軽に読めるのでほぼ毎日利用しています。

 しかし小説は絶対に紙媒体で読みます。なんとなくそこは切り離していたいという強い意志がある、、、

 

  

 新聞離れと文字離れ

 

 最近の若者は新聞離れをしていますが、だからと言って文字離れはしていません。むしろ発信までしています。

 

 新聞離れの始まりはインターネットにあります。

www.garbagenews.net

 対して普及したSNSの影響で文字によって自分を発信する機会が増えました。そのため文字離れをすることはなく、それどころか以前よりも文字は身近なものになったのではないでしょうか。

 

 流行らないと言われた電子書籍

 

 まず電子書籍の特徴を振り返ります。

  メリット 

 ・購入が手軽

 ・かさばらず保存が容易

 ・持ち運びしやすい

 ・劣化、紛失がほぼない

 

  デメリット

 ・サービスが終了すると同時に無価値になるかも

 ・端末が必要で、それ自体が高価

 ・貸し借りなどのシェアができない

 ・髪の質感や動きが本物に劣る

 

 参考:電子書籍はなぜ日本で流行らないのかについての考察 | 株式会社キャパ CAPA,Inc.

 

以上を踏まえて、メリットがデメリットを上回らないため、日本では流行らないと言われてきました。

 しかし、2011年から2012年にかけて、スマートフォンタブレット端末の普及とともにマルチデバイス電子書籍を閲覧できる環境が広まりつつあること、出版社が積極的に電子化作品の拡充を進めていることなどから、ブレイクの予感です。

 

 今回は以上です。

 では!

 

 

 

⑩様々な動画とネット生配信

 おはようございます🍢🍢🍢

 

 今回の情報リテラシー論は前回に引き続き動画についてです。

 この講義でMixChannelミクチャ)の名前をひさびさに聞いて懐かしい思いでいっぱいになりました、、、

 わたしも高校生の頃、ミクチャに影響されて友達と動画を撮るなどしたことがありますが、なんだかとても昔のように感じます。

 

 

 タイムラプス動画

 

 短時間で過程を表現できるタイムラプス動画は1.2年ほど前からよく見るようになった気がします。わたしはそれをInstagramでよく見たのですが、その多くが勉強垢の人たちが投稿していた気がします。

 勉強垢とは、TwitterInstagramで自分の勉強時間の状況やテストの点数などをアップするアカウントのことです。

 その勉強垢の人たちが、自分が勉強しているところをタイムラプス撮影し、それを投稿するのです。

 やる気が出たりモチベーションが上がるということでとても流行りました。

 タイムラプス機能はこのようなことにも使われるのですね。

 

 ライブ配信

 

 今はほとんどのSNSサービスに追加されているのがライブ配信機能です。

 これまでもライブ配信サービスは多々ありましたがスマホ対応で明暗が分かれてしまいました。USTREAMIBMに買収され、ニコニコ生放送は有料会員数が減少したのに対し、ツイキャスはいち早くスマホに対応しました。

 

 そして国内3大ソーシャルメディアであるFacebookTwitter・LINEはボタン1つでネット生配信へ。さすがです。

 

 他にもYouTubeライブやInstagramライブなど、従来のSNSライブ配信機能の追加が相次ぎ、乱立しています。

 

 ここまで供給が増えたライブ配信のメリットは、

 ・わかりやすい

 ・視聴者のエンゲージメントを高められる

 ・コストダウンができる

 ・同報性がある

詳しくは下記のリンクにて。

参考:https://www.google.co.jp/amp/s/90seconds.jp/videotechonline/marketing/how-to-stream-live-video/amp

 

 今回は以上です。

 では!!!!!

 

 

 

 

    

 

 

⑨テレビの衰弱と動画メディア

 おはようございます🍘🍘🍘

 

 今回の情報リテラシー論は動画サービスの話です。

 動画といえばYouTubeですが、今の時代、将来なりたい職業にユーチューバーが挙がるそうで。時代だなあと思います。

 それほどYouTubeは私たちにとって身近になっているということの表れだと思います。

 

 

  スマホの普及

 

 スマホの普及のよって、通勤・通学時間に電車で

  ガラケーテレビを見る → スマホYouTubeを見る

 に変化しました。

 YouTubeが多く利用されるようになったのは、やはりスマホの普及が1番の理由でしょう。

 YouTube利用者の中で、移動時間のようなちょっとしたスキマ時間に見る、という人がほとんどなんじゃないかと思います。

  

 

  動画と会社 

 

 今の時代、スティーブ・ジョブズのように社長自らが自社の商品やサービスを語れる企業が意外に少ないです。

 しかし、なんと社長の顔が見える会社は投資したくなり株価も上がっているらしいです。

 (参考:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140520-00010000-hobon

 そのため、会社のホームページなどに社長からのメッセージというように動画を載せる会社が出てきているそうです。

 確かに社長の顔が見えたほうが信頼できますし、どのような雰囲気か掴みやすいですよね。

 

 また、就活生はYouTubeで「企業名」や「社長名」を検索し対策するらしいです。

 ・上位の検索結果が、どんな表示になっているか

 ・公式のYouTubeチャンネルが表示されているか

 ・会社のテレビCM・PVや社長インタビューなどあるのか

などを把握するようです。

 

 そうなるとやはり動画というのは会社をアピールするのに必須です。

 時代に合わせて会社もやり方をいろいろ変えていかなければいけませんね。

 

 今回は以上です。

 では!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

           

 

⑧位置情報で激変の生活習慣

 おはようございます🍥

 

 今回の情報リテラシー論は位置情報のお話です。

 今や身近にあるGPS機能ですが、元々は、昔アメリカの軍隊で使われていたシステムらしいです。そう考えるとなんだかとてもすごい機能なんだなって思います。

 

 また、今回のブログでは位置情報サービスのメリット・デメリットについてまとめていこうと思います🍚

 

 

  メリット

 

 ・ 現在地付近にあるお店とその口コミがすぐわかる(Instagram

 ・ 位置情報を共有することで、待ち合わせ、子供の帰り道、

  施設内の自由行動などに便利(LINE HERE)

 ・ リアルタイムで地図上の情報が表示される(Googleマップ

 

  デメリット

 

 ・ 投稿で位置情報がバレる( TwitterFacebookなど)

 

 

 このように位置情報サービスにはメリットデメリットがあり、使用する際は良く考えてからが良いでしょう。

 便利だからといって位置情報機能を常にONしておくのは得策ではなさそうです。

 

 今回は以上です。

 では!

 

 

 

 

 

 

⑦ 多様な連絡手段のインフラ化

 おはようございます🍮🍮🍮

 

 今回は近年で大きく変化した連絡手段についてです。

 わたしの場合、今はもっぱらLINEばかりであまりメールを使うことがなくなってしまいました。きっとそういう人は多いんじゃないかなって思います。

 

  CCとBCC

 

  CCとは 

  カーボン・コピーの略で、複写という意味です。

  TOがメインを送信先、CCが複写を送りたい相手と考えるのがいいです。

  そのため、「確認のために見てくださいね」「念のためにお送りします」という場

  合に使います。

 

  BCCとは

  ブラインド・カーボン・コピーの略で、目に見えない複写という意味です。

  「BCC」に入力されたメールアドレスは、TOやCCや他のBCCでの受信者に表示さ

  レません。

 

  メールからLINEへ

 

  メール(ガラケー

  ・レスポンスが遅い

  ・写メール大流行

  ・リアルタイムに友達と交流

  ・未読マークを消すため必ず開封

 

  LINE(スマホ

  ・写真を送りやすくなった

  ・迷惑メールがこない

  ・送ったメールの既読管理

  ・スタンプ交流可能 

 

 

 今回は以上です。

 では🍮🍮🍮

 

 

  

 

 

 

 

⑥キュレーションが必要な訳

 おはようございます🌤🌤🌤🌤🌤

 

 今回はキュレーションの話です。

 まずそもそもキュレーションとは、インターネットの情報を収集し、まとめることを言います。

 

 

 キュレーターの誕生

 

 元々キュレーターという言葉は美術館にどんなものを置いたらいいのかセレクトする人のことを指すらしいです。

 そして徐々にその意味が転じてその人なりの「視点」で情報をセレクトし届ける人を指すようになりました。  

 参考:キュレーターって言葉がなんか流行ってるから調べてみた | シゴタノ!

 

 

 エッジランク 

 

 「友達って何か?」を追求したのがFacebookエッジランクです。

 Facebookはニュースフィードにコンテンツを表示する際、個々のユーザーに合わせて表示内容に優先度をつける独自の仕組みがあります。

 これがエッジランクです。

 友達が多くても Facebookページのいいね!が多くても反応がなければ表示されなくなります。

 

 

 キュレーションの価値 

 

 情報が溢れかえっている今の時代、それらをまとめることに価値見出されるようになりました。

 そのため続々とキュレーションサイトが登場し、今度はそのキュレーションサイトをまとめる必要が出てきました。

 これからは上手く情報をまとめることのできる人材が必要とされるのだと思います。

 

 今回は以上です。

   それでは💭